道央情報探検隊探検ファイル#2
in小樽

殺の名所というだけあって、少し下の展望台から
         見ると、壮絶な崖の上に建っているのがわかる。
         この崖のすそには、白波が打ちつけている。こっから落ちたら、ほんと、
         やばいんでないかい?
 

ち果てた、建物である。
                 何年前に建てられ、何年前に使われなくなったのかはわからないが、窓ガラスは
                 すべて跡形もなくなくなっている。まわりも、草木が生い茂っており、建物から
                 5.6m手前に鎖がしてあったのだが、そんなものなくても、探検でなければ
                 入っていきたくない雰囲気をかもしだしている。かもしだしてはいるが、ここで
                 とまってしまえば、道央情報探検隊の名が廃る。とにかく、進む。
                 風が強い日だったが、人はほとんどいなく変にしんとしている。不気味である。
                 建物に近づいて、こわごわ中を覗いてみる。。。

そのとき!!
              がちゃーんっ!!
                今までどんなに強い風が吹いても草木のゆれる以外の音、しなかったのに、
                  いきなり金属がぶつかるか、落ちるかする音がしたのだ!!
                  我々は中の写真をとって、そそくさと逃げてきた。
                  今になっても、一体何の音だったのか、見当もつかない。
                  我々が思うに、あれは心霊的な音だったにちがいない。
                  いんや、思い違いではない。と、思っておく。。。
 

                 上で第二回心霊ツアー探検報告書はおわりである。
                 このつづきとして、この後いった、小樽ちょっと観光ツアーの探検報告書がある。
       乞うご期待!
 

道央情報探検隊HOME