知られざる道東の真実シリーズ7

探検ファイルNO.016


静寂のバラサン沼とカネキントー


前回の神の子池の続きである。
今回の我々の探検には一つの目的があった。
それは、インターネットを通じて知り合った中標津・標津の人々との交流である。
中標津・標津方面は、かなりインターネットが盛んな地域のようで、
「中標津マルチメディア協会」という組織もあるということだ。
2日目の行程を地図で説明しよう。

青線が探検隊の1日目のルートで
赤線が探検隊の2日目のルートだ。


探検決行日5月4日(月曜日)

天気:快晴
参加隊員:「テル」(隊員NO.004)「まえけん」(隊員NO.007)

この時はまだ、5月3日である。

まずは、中標津保養所温泉旅館
そこに宿泊したわけで、色々お世話になりました。

そして、 テクノソフトが経営する

スナック「WWW」

わざわざ、旅館に電話をいただきました。
本当は、定休日だったんじゃないのかな。
コンピュータの話で盛り上がりました。
(特に「テル」のマニアックな話)
とっても気さくで楽しいマスターで、
我々は歌わなかったがカラオケも完備
機会があれば、また行きたい店です。


店の中は、コンピュータが2台あって
探検の話になり、7月に「クテクンの滝」探検をするとのこと。
「でもね、中標津町がクテクンの滝を観光整備するって言い出してね」
うーん、秘境がまたひとつ、消えてしまうのか。 「ところで、別海十景の一つに

バラサン沼とカネキントー

というのがあるんだけど」
な、何い〜!全くノーチェックだ。初耳の沼だ。


「んで、どんなとこなんですか?」
「バラサン沼はきれいだよ。まあ、探検隊より

アベック向け

って感じかな。一度、撮影に行ったことがあるんだ」

アベック向け・・・。探検隊に一番似合わない場所だ。
しかし、話を聞くと、あまり知られていない秘境らしい。

「カネキントーの方は?」
「そっちは、近くまで行ったんだけど、場所が判らなかった。
むかしは、じゅんさい栽培の業者がいたらしいけど

誰か行ったって話は聞かないね。

沼でカヌーに乗ってる写真は見たんだけどね」

情報通の「WWW」のマスターですら、到達できなかった「カネキントー」
地元の人もほとんど行かないらしい。

これこそ、

道東情報探検隊にふさわしい場所

であるといえよう。

予定では、「川北温泉」に行くはずだったが
(マスターに道順まで詳しく教えてもらったのだが)
心の中で「カネキントー」の存在が徐々にふくらんでいった。

帰ったのは、11時すぎ
夜型人間の「ピエール釧路」はなかなか寝付くことができなかった。
バラサン沼とカネキントーのイメージが
しつこく浮かんでは消えた。
(寝付いてからはおおいびきだったそうだ)
翌日は快晴!
朝から、露天風呂に入り体調万全
標津町に向かう。

心は決まっていた。

カネキントーに行こう!

ただ、その前に行かねばならぬところがある。

あの「亀代食堂」で

いくら弁当を食べねばならぬ

しかし、昼飯にはまだ早い。

まずは、観光隊となって

標津サーモン科学館へ

実は、私(ピエール釧路)は
「釧路シャケの会」の会員である。
「釧路シャケの会」の放流式は、翌日(5月5日)である。
偶然「シャケの放流体験」というのをやっていたので
さっそく、体験させてもらう


科学館の全景です。
展望塔の上に、イクラが載っている。
芝に寝ころんでいると、
聞いたような頭に響く騒音が

ここにも愛の鐘が!

陰謀だ!!
絶対に裏に何かあるぞ!


陰謀に気づいた我々は消されるかもしれない。
あわてて北方領土館へ移動


北方領土の歌です。

どんな歌なのか、聞いてみたい!
残念ながらCDは売っていなかった。
そのかわり、「北方領土アニメ」を見ることができた。
CGをふんだんに使ったすごいアニメ!



登場人物の

「四島(しま)君」と「領子ちゃん」

っていうキャラクター名

最高!

2人とも、探検隊の格好
(この絵みたいな感じ)



領子ちゃん「ねえねえ、四島君、北方領土って知ってる?」
四島君「もちろん、知ってるよ」
領子ちゃん「じゃあ、四つの島の名前、全部言える?」
四島君「うっ・・えーと」

ここに「ものしり博士」登場!。

「北方領土はじゃな・・・」

と言うNHK教育のノリで解説していく。
おもわず、全部見てしまいました。
楽しく時間はつぶれた。
腹もへってきた!
探検隊はいよいよ、念願のイクラ弁当にありつくため

亀代食堂へ!



次のページ

探検ファイルに戻る

ホームページに戻る