新・道東情報観光隊シリーズ2

探検ファイルNO.new08


霧の摩周湖でニセモノのリスを見た


今回の探検ファイルは、
同時にアップした探検ファイル

寄るなさわるな!フレベツボッケ

と、同じ日に行われた観光のファイルである。

できれば、そちらから先に読んで下さいね。


探検決行日2000年8月6日(日曜日)

天気:晴れ、ところにより霧
参加隊員:「ピエール釧路」「くまさん」「りえちゃん」
     「オク」「ひさちゃん」


サザエさんのオープニングを見ると、

「日本の観光」というものが良くワカル。

そんな気がする。

人々は、旧址・名跡・名刹・名山・名湯・風光明媚を求めていて、 観光地としてみれば

なんとか、それらを用意して
観光客の皆様に喜んで帰ってもらおう。

と、考えてしまうのは

仕方ないと言えば、仕方ない。


しかし、同じ観光でも、

少しは個性があったほうがよい。

と、考えるのは私だけではないだろう。

観光客が求める北海道は、

果てしない大地と大自然

だろうし、それが売りなのはワカルが、
勘違いしないでいただきたい面もある。



たとえば、多和平に行くと、そこのノートなどに

「この風景がいつまでもありますように」

などと書かれている。

しかし、多和平のまわりはすべて農地であって

自然の風景ではないのだ。

開陽台も然りである。
丘の街「美瑛」もそうだ。

そして、そこでは我々地元民が
日々生活をしているわけである。



もちろん、全国・全世界の観光客の人々が
我が、道東を訪れて下さるのは大変ありがたいと思う。

大歓迎です。

どんどん、来て下さい。

でも、たとえば愛媛に行ってその辺のみかん取ったり、
静岡でお茶畑にずかずか入っていったりしないよね。

東京に行ってカラスにエサをやる北海道人はいないと思う。

私が言いたいのは、そういうことです。

きれいな大地であった北海道が

試されたり、真似したりして

不自然に、わざとらしくなるのが嫌なんです。



まあ、その辺のグチは置いといて、
当日の我々の観光をたどっていきます。

我々は、阿寒湖畔から阿寒横断道路(国道241号線)を弟子屈方面に西進。
屈斜路湖を目指しました。

♪お魚くわえたドラ猫〜
ここは皆さんにお薦めの場所。

双湖台です。

後ろに見えるのが、ペンケトー
その奥に隠れているのがパンケトー

近くに双岳台があって、そちらもキレイですよ。

♪みんながわらってるー

砂湯です。

砂浜を掘るとあら不思議、

お湯が出てきます。

後ろは屈斜路湖。
例のストーカー事件の犯人が自殺した湖です。




わーい

クッシーだぁい。

なんと、最近得た情報によりますと、
洞爺湖には

トッシーがいるらしい。

春採湖なら「ハッシー」か?
琵琶湖なら「ビッシー」?


♪ルールルルールー
これがウワサの

表硫黄山で〜す。

駐車料金、420円なり。
摩周湖駐車場と強制的にセットです。

「たまごーたまごー」とあんまり言うんで買っちゃったよ。



硫黄山レストハウスの2階。
隠れた名所、硫黄山ミニ博物館(無料)。
私は、結構ここが好き。

玉子は凶器のように熱い。

あちあちあちと言いながら殻を剥く。 食べるのがまた、大変。
口の中を火傷する危険性あり。


さて、せっかくセット販売してくれたんで

当然、摩周湖にも行きましょう。

しかし、麓から見ると、
展望台はすっぽり雲の中。
まあ、いいかあ。

急カーブが連続する急坂を登っていく。
巨体の観光バスが先行していて、それがまた遅い。

いらいらしていると、女子高生のひさちゃんが
「あのう、お願いがあるんですけど」と言い出した。

私「ん?何」

「あのう、そのテープ、ダビングして欲しいんですけど」

そのテープとは、今日の朝からずーっと「流星号S」で流れていた

Yuki=Otokoの「一曲いかが」

という、アルバムをダビングしたテープであった。

Yuki=Otokoは、厚岸町在住のシンガーソングライター。
「流星号S」内では、ほとんどこのテープが流れている。
ひさちゃんは、繰り返し聞いたので、すっかりファンになってしまったらしい。

私「おおっ、いいぞ。降りるときテープ持っていっていいよ」と、
言いながら、私はにんまりしていた。

また一人、Yuki=Otokoファンが増えたからである。
どんどん、増えて欲しい。
そのためにも、早くHPを更新しないとね。

霧の摩周湖です。

実は、私は霧の摩周湖は2度目。
20回くらいは行ってるので
かなりの好成績。
ちなみに、晴れた摩周湖を見ると

婚期が遅れるらしい。

本当かも知れない。


売店の後ろにリスがいる。

ひさちゃんとリスです。

けしからん事に、

リスのエサが売られている!

こういうことが、腹立つわけですよ。
ふざけんなと言いたいんですよ。


このリスは幸せ?

野生を失って、エサを与えられて。

きっと、車にひかれて死ぬだろうね。

みんな、それを望んでいるの?

こういうリスは、増えるだろうね。
誰かが止めない限り。



あちこちで、キタキツネが道路脇に座っている

観光客からエサをもらうために!

私たちも座ろうか。
エサをもらうために。

このリスにエサをやことが

「悪」であるとみんなに知って欲しい。

そしてエサを売る人は

確信犯の「悪魔の商人」である。

動物園に行って、自分自身を檻に入れるべきである。
そう思うのだが・・。


探検ファイルに戻る

ホームページに戻る